歯科 義歯

入れ歯WEB 本文へジャンプ
用語集
アーライン
 アーと繰り返し発音したときの軟口蓋が上下に運動し、振動するように見える。
 この時の可動部と不動部との境界を「アーライン」という。
 総義歯の場合そこに入れ歯の辺縁を設定する事で吸着する。


網トレー
 ゲル化を利用した弾性印象材を使用する場合の印象材の保持装置。


アルジネート印象材
 硬化後も弾性があり、アンダーカット部の印象も可能で静態印象が得られる。
 印象面が比較的滑沢である。


移行義歯
 抜歯が必要な残存歯を保存したままでいったん義歯を製作して装着し、順次抜歯により生じた欠損部を義歯に追加 、増歯して補い、最終的に無歯顎に移行させる。


印象
 補綴装置の製作の大部分は患者の口腔内で直接ではなく、各患者の口腔内の形態を正確に再現した模型上で行 われる。
 その模型を得るための作業を印象採得という。


印象用トレー
 印象採得のときに印象材を盛って口腔内に挿入し、印象材が硬化するまで正しい位置に保持するための器具。


インプラント
 金属、セラミックなどの人工材料で製作した構造体。人工歯根。


インプラント義歯
 インプラントを顎骨の骨膜下あるいは顎骨内に埋入し、これを利用して維持をはかる義歯。




嘔吐反射
 形態や維持が不良な義歯による触覚刺激により嘔気が起こる。

オーバーデンチャ−
 歯の根っこだけを残してその上に義歯を作製するものである。


カチカチ音(クリック音)
 上下顎人工歯の衝突や“きしみ”で生じる。患者は「入れ歯で耳障りな音がする」と訴える。
 音は普通、患者自身にしか聞こえないので、発生場所の診断はやっかいなことがある。
 患者にだけ聞こえるのは骨伝道による。


義歯性外傷
 義歯による口腔内組織への直接の外傷。

義歯性口内炎
 義歯による直接の外傷だけではなく、真菌や細菌によって起こる炎症。


咬合採得
 上顎に対する下顎の立体的(垂直的、水平的)な位置関係の静的な記録(下顎位)

暫間義歯(ざんかんぎし)
 抜歯直後など、歯槽骨が不安定な時期に製作し、本義歯が完成するまでの一定期間、暫間的に装着する仮義歯  のこと。


シリコーン印象
 優れた流動性を有し細部を精密に印象出来る。長時間保存しても容積弾性の変化が少ない。


増歯
 抜歯後に新しく義歯を作成することなく、今までの義歯に抜歯した歯の部分をつぎたす方法。
 一本や二本で可能な場合が多い。




老人様顔貌
 入れ歯の咬み合わせの高さが低いと噛み込みすぎてしまい、鼻から下に深い多くのしわが現れる。
 それを老人様顔貌という。
 これは咬み合わせの高さを高くすることによって改善される。
 しかし、低い咬み合わせに慣れてしまっている場合は、高くなると噛みづらくなったり発音しづらくなることもある。
    Copyright 2008 入れ歯 WEB allrights reserved.  監修 成城 歯科 ファーストデンタルクリニック

喜多見 歯科 歯医者  東京世田谷インプラントセンター  東京世田谷矯正歯科センター  衛生士 求人 歯科医師
成城学園前歯科の歯医者です 狛江 歯科 歯医者 祖師谷 歯科 歯医者  成城矯正歯科クリニック 成城 インプラント 成城 歯医者 成城デンタルクリニック