入れ歯 義歯

入れ歯WEB 本文へジャンプ
作製方法
一般的な総入れ歯の作成方法をご紹介します。部分入れ歯、特殊な入れ歯などは作成方法が異なります。
 まずは今までご使用の入れ歯の問題点を見極めることから始めます。

 その問題点の難易度により、どのような治療方法が最適か治療計画を立てます。
 次に概形印象といって、おおまかな1回目の型取りを行います。
 概形印象から作った模型で、個人トレーを作製します。

 個人トレーとはお口に合わせて作りました型取りの装置です。

 これにより精度の高い型取りが行えます。
 さらに精度を上げるために、筋形成という作業をします。

 顎骨には沢山の筋肉が付着しています。

 口を動かすたびに筋肉は形を変えます。

 つまり口を大きくあけた状態と閉じた状態では口腔内の形は大きく違います。

 型採りの際、頬をひっぱったり舌を動かしてもらったり声を出してもらったりして様々な筋肉の動きを邪魔しない義歯を作成するための下準備です。
そして印象材を筋形成の終わった個人トレーに盛り、印象を採ります。
 この印象を元に模型を作っていきます。

 これが精密印象といって、義歯完成まで使用する模型を作成します。
 精密印象から作成した作業模型です。

 この模型に、義歯床のアウトラインなど設計してこの模型上で作業していきます。
 歯がない人や、あっても数本しか残っておらず上下で噛み合わない人は、ストッパーがないため上顎に対する下顎の位置が定まりません。

 人それぞれ顔の形も筋肉のつき方も違います。
 その人に合った下顎の位置を決定するために、咬合床というものをつくります。

 そして患者さんのお口の中で、義歯が完成したときの噛みあわせる高さや前後左右の位置を決めます。 
 この写真も下顎の位置をきめるもので、チェックバイトというものです。

 下顎がどういった角度で動くかを記録するために行います。
 これはゴシックアーチ描記法といって、下顎を前後左右に動かしたときにどのような経路で動かすかを記録するものです。

 模型上でその人の口の中を出来る限り再現していきます。
 上顎に対する下顎の位置が記録できたら、それを口の外で再現するために、咬合器というものに模型をつけます。
 このように顎の位置関係を咬合器上に再現して、ここまでにとった様々な情報を元にバランスを見ながら人工歯(入れ歯の歯の部分)を並べていきます。

 ここで咬み合わせを作って、最終的なプラスチックのものに加工して完成になります。
    Copyright 2008 入れ歯 WEB allrights reserved.  監修 成城 歯科 ファーストデンタルクリニック

喜多見 歯科 歯医者  東京世田谷インプラントセンター  東京世田谷矯正歯科センター  衛生士 求人 歯科医師
成城学園前歯科の歯医者です 狛江 歯科 歯医者 祖師谷 歯科 歯医者  成城矯正歯科クリニック 成城 インプラント 成城 歯医者 成城デンタルクリニック