歯科 入れ歯

入れ歯WEB 本文へジャンプ
自費と保険の違い

 保険の入れ歯は全てがレジンというプラスチックのような材料で出来ています。

 自費で作製するものは金属床といって、骨組みが金属で出来ています。(ピンク色の部分にも金属が埋まっています。)

 レジンという材料は乾燥に弱いため劣化しやすく、また吸水性があるため変性しやすいという性質があります。

 長期使用によって入れ歯が割れたり歯の部分がとれてしまったりといった問題が起こってくることがあります。
 金属は熱を伝えやすいという性質があります。

 そのため、入れ歯を入れていても温かいものを温かい、冷たいものを冷たいと感じる事が出来るのです。

 口の中はそのすべてが感覚受容器であるといっても過言ではありません。

 入れ歯、特に総入れ歯などは口の中の粘膜のほとんどを覆ってしまうため、感受性が低下します。
 レジンはプラスチックのような材料ですので、力をかけると若干しなります。

 それが残っている歯や入れ歯がのる顎骨に均等ではない偏った圧力をかけてしまい、歯が揺れてきたり骨が吸収してきたりと問題が起こってくることがあります。

 金属床は骨組みがしっかりしているため、変形がなく入れ歯がのっている歯や骨に均等に力が加わるため咬合力(咬む力)を分散してくれます。
金属床の場合精度が良いため、インプラントなどを併用しますと上の入れ歯でも無口蓋(真ん中の部分をくり抜くこと)が可能です。

違和感の少ない、より使いやすい入れ歯になります。
 粘膜に直接触れる面です。

 上の入れ歯は重力に負けて落ちないようにするには、レジン床(写真右)ほどの大きさが必要になってしまいます。

 ですが話をするとき、歯の内側の上あごの部分に舌を付けながら発音するのでそこに床があると口の中が狭くなって舌が動かしづらくなります。

 インプラントなどの支えを付ける事でこれほど小さくすることが出来るようになります。
レジン床は、強度がそれほど無いのでその分、厚く作って噛む力に耐えられる強度を保ちます。

約3ミリの厚さは口の中という狭い空間では、違和感を強く感じる方も多いのです。
金属床は強度が強いため、その分薄くすることが出来ます。

約0.7ミリの厚さは違和感がとても少ないと感じる方は多いです。
 金属を使用することで重くなります。

 下の入れ歯は重力で安定の力に加わります。

 金属の種類もゴールド、コバルトクロム、チタンとありますのでチタンを使うと比較的軽量の金属床義歯になります。






    Copyright 2008 入れ歯 WEB allrights reserved.  監修 成城 歯科 ファーストデンタルクリニック

喜多見 歯科 歯医者  東京世田谷インプラントセンター  東京世田谷矯正歯科センター  衛生士 求人 歯科医師
成城学園前歯科の歯医者です 狛江 歯科 歯医者 祖師谷 歯科 歯医者  成城矯正歯科クリニック 成城 インプラント 成城 歯医者 成城デンタルクリニック