入れ歯 安定剤

入れ歯WEB 本文へジャンプ
入れ歯が難しい訳

 入れ歯は口の中にとって異物です。

 残っている歯にクラスプ(バネ)や入れ歯が接することにより歯に過剰な力が加わったり、汚れが溜まりやすくなってしまいます。
 そのまま入れ歯を入れっぱなしにしたり、汚れを取らないとこの写真のように歯茎が真っ赤に腫れ上がってしまいます。

 歯茎に炎症があるとその直下にある歯を支えている骨が吸収されていきます。

 つまり歯周病が進行し、残っている歯がダメになってしまう可能性が高いのです。
 歯周病だけでなく、汚れが溜まったところから虫歯になる危険性もあります。

 特にかぶせ物と根っこの間から虫歯が進行した場合、症状もなく歯茎の中の方まで溶けていきます。

 そうなってくると歯が土台として使えなくなり、抜かなければならなくなってしまいます。
 長期に渡って合わない義歯を使っていると、そこに偏った圧力が加わって骨が吸収してきてしまいます。

 そして義歯の支えとなっていた硬い組織が柔らかい組織に置き換わります。

 それをフラビーガムといい、特に上顎の前歯部に多く見られます。

 義歯は硬い骨で安定を得られるので、柔らかい組織では義歯が動いてしまいゆるくなったり他の部位に偏った力が加わってしまうため骨の吸収を起こしてきます。

 このように、歯がなくなったとしても口腔内は絶えず変化します。

 そうならないために、またはそうなってしまった場合に、その方に合った型採りの方法や咬み合わせのとり方、調整方法を選択していかなければならないため、大変高度な技術が要求されるのです。

    Copyright 2008 入れ歯 WEB allrights reserved.  監修 成城 歯科 ファーストデンタルクリニック

喜多見 歯科 歯医者  東京世田谷インプラントセンター  東京世田谷矯正歯科センター  衛生士 求人 歯科医師
成城学園前歯科の歯医者です 狛江 歯科 歯医者 祖師谷 歯科 歯医者  成城矯正歯科クリニック 成城 インプラント 成城 歯医者 成城デンタルクリニック