入歯

入れ歯WEB 本文へジャンプ
増歯(歯を増やす)

 部分入れ歯で残った歯にクラスプ(バネ)をかけるとその歯が耐えうる負担を超えて根っこが割れてしまうことがことがよくあります。

 そのような時に、また新しい入れ歯を作成するとしても出来るまでに一ヶ月程時間を要します。

 それまで不自由されることが多いので、歯を抜くのと同時にその場で修理して抜いた部分に歯を足すことが出来ます。

 その後問題なく使用出来る場合もありますが、歯を抜いたところが治るに従って歯茎の形も変わりますので一ヶ月ほど経ってから再修理か新しく作り直したほうが良いでしょう。
 歯ぎしりや咬み合わせの癖によって、一部に偏った力がかかっていると人工歯(入れ歯の歯の部分)がとれてしまうことがあります。

 とれた部分に新しい人工歯を足す修理も可能です。

 ただし、その場合単に人工歯をつけてもまた取れてしまう事が多いため、咬み合わせの調整、時には入れ歯全体の調整が必要です。
 入れ歯は、気づかぬ間に咬み合わせや粘膜が変化していることが多いです。

 そうすると入れ歯が疲労を起こし、人工歯が取れたり床の部分が割れてしまったりと不具合を起こします。

 入れ歯は特に残っている歯や粘膜に負担をかけるため、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。
   Copyright 2008 入れ歯 WEB allrights reserved.  監修 成城 歯科 ファーストデンタルクリニック

喜多見 歯科 歯医者  東京世田谷インプラントセンター  東京世田谷矯正歯科センター  衛生士 求人 歯科医師
成城学園前歯科の歯医者です 狛江 歯科 歯医者 祖師谷 歯科 歯医者  成城矯正歯科クリニック 成城 インプラント 成城 歯医者 成城デンタルクリニック